読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hyouketubaka9のブログ

主に遊戯王(たまにスマブラ)についてのブログを書きます(´>∀<`)

恐獣の鼓動について解説ヾ(`・ω´・)ゞ

f:id:hyouketubaka9:20170224231944p:image

はてさて、今世間を賑わせてる新ルール(マスタールール4)ですが明日発売の恐獣の鼓動は

見事! に回避しましたね〜

…まあ、エクストラそんなに使わないからね

 

そんな恐竜ストラクですが、個人的に評価しているカードの説明をしたいと思います

 

□究極伝導恐獣

f:id:hyouketubaka9:20170224231930j:image

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 

一言で言えば強すぎぃぃぃ!

何ですが、体制がついていないため魔法、罠での除去には勝てないところが弱点ですかね

まあ、こんだけ強かったら許してくれるよなみんな(棒読み)

□魂喰いオヴィラプター

f:id:hyouketubaka9:20170225002557j:image

効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する

 

こいつぁえれえ事になったで、

恐竜エアーマンのこの子はさらに蘇生効果持ちときたもんだ

いいのか?いいんだな?

この1枚でかなり助かる盤面が多そうですね…

 

□プチラノドン

f:id:hyouketubaka9:20170225002609j:image

効果モンスター
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

可愛い見た目して結構えげつねェよこの子…

あれ?でも攻撃できないならベビケラサウルスの方が強いんじゃない?と、思ってる人も多いと思いますが…

 

 

 

僕もそう思います(´>∀<`)ゝ))

いやいや、決して弱くはないんですよ!

でも、レベル5以上で出したい恐竜って…

ドゴランぐらいしかいないからな〜(/ω\)

そしてドゴランは処理専門という…

あまり深く考えない方が良さそうですね(真顔)

 

 

 

ロストワールド

f:id:hyouketubaka9:20170224231833p:image

フィールド魔法
①:恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。 相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
③:相手フィールドにトークンがある限り、 相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
④:1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

 

 

これは強いね

今回の恐竜変化の代表と言ってもいいんじゃないか?

これによって様々なコンボが予想されますね

攻撃力、守備力ダウンもなかなか強くて、メガロスマッシャーX1枚で2500までの相手を処理できるとは驚きだね

f:id:hyouketubaka9:20170225002642p:image 

今回はここまで!

如何だったでしょうか?

少しでも恐竜に興味を持って頂けたらと思います(ΦωΦ)フフフ…

新ルールでも生き延びるいいデッキだと思いますよ!

ほかのカードも機会があったら紹介します!

 

ではまたまたd(ゝω・´○)